艸田正樹 ピン・ブロウのガラス作りに想いを込める。 | SERENDOUCE CRAFTS

2021/10/26 18:00

展示会「未来につながるものづくり」で展示させていただくガラス作家「艸田 正樹のご紹介です。




30歳の節目に富山県八尾に移住したタイミングでガラス作りの道に。
器を作る感覚や、出来上がった器から受ける印象を言葉に置き換える“名付け”の作業を大切にして制作しています。
今日は風が気持ちいいから風の人のグラスを作りたいなとか、生あたたかい天気の時はあたたかい雨など。
ピン・ブロウの技法で作ることの出来る形は限られるものの、作為を削いでいく程、より“自然”で美しくなると感じ、常に気持ちを穏やかにしてガラスに向き合うことを心がけて制作しています。

展示会では、グラス、酒器、器を取り扱いしています。
自然と一体化する、澄んだ作品をお愉しみにきてください。



Masaki Kusada
Putting My Heart into Pin-blown Glass

At 30 he moved to Yao, Toyama Prefecture and began his career in glassmaking. We value "naming" that replaces the impression received from the work with words. For example, the wind is good today, so I decide to make Wind Man’s Glass, or in warm weather Warm Rain. There are a limited number of shapes that can be created with the pin-blow technique, but I feel that the more I eliminate excess the more natural and beautiful it becomes. I always try to keep my mind calm when I work with glass."


■展覧会概要
会 期:2021 年 10 月 28 日(木)- 11 月 7 日(日) ※会期中無休
開館時間:11:00 - 19:00
     ※イベント開催のため、10 月 29 日(金)は 11:00-15:30 、 10 月 30 日(土)は 11:00-13:00/ 16:00-19:00
     (入場は閉館の 30 分前まで)
入 場 料:無料
会 場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座 1-7-7 ポーラ銀座ビル 3 階) 
アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7 番出口すぐ / 東京メトロ 銀座駅 A9 番出口から徒歩 6 分
主 催:株式会社ポーラ・オルビスホールディングス


※新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を実施し、安心してお楽しみいただけるように配慮して開催いたします。感染拡大 防止のためのお客さまへのお願いは、ギャラリーHP をご覧ください。
※人数を制限しての入場となりますので、混雑時にはお待ちいただくことがございます。 
※会場でのお支払いはキャッシュレス決済のみとなります