奈須田友也 ストーリーとデザインのバランスが大切です | SERENDOUCE CRAFTS

2021/11/02 18:00

展示会「未来につながるものづくり」で展示させていただくプロダクトデザイナー奈須田 友也のご紹介です。

学生時代にプロダクトデザインを専攻し、卒業後はデザイナーとして家電メーカーに就職。
独立後、デザインを中心にものづくりに関わりながら、自身で企画したプロダクトを制作している。
今回出品している 「Haori Cup」は波佐見焼のうつわに博多曲物のスリーブを組み合わせたタンブラー。
現在のライフスタイルにあうデザインと2つの技術が融合するストーリーをもつ作品です。

展示会では、タンブラー、カトラリーを取り扱いしています。
コンテンポラリーなデザインとストーリーをもつ作品をお愉しみにきてください。


Tomoya Nasuda
“The Importance of Balancing Design and Story “

After graduating with a major in product design, he worked as a designer at a home appliance manufacturer. He has been involved in all aspects of manufacturing since then, while continuing to create products of his own design. Haori Cup is a tumbler that combines a Hasami yaki cup with a Hakata magemono sleeve. “I think the heart of monozukuri is the balance between design and the story behind it. I'm currently working on how to improve the productivity and quality of products by making the curved wood with my own hands. I learned the technique of magemono wood curving from the late Tokugoro Shibata, an intangible cultural property technology holder in Fukuoka City.

■展覧会概要
会 期:2021 年 10 月 28 日(木)- 11 月 7 日(日) ※会期中無休
開館時間:11:00 - 19:00
     ※イベント開催のため、10 月 29 日(金)は 11:00-15:30 、 10 月 30 日(土)は 11:00-13:00/ 16:00-19:00
     (入場は閉館の 30 分前まで)
入 場 料:無料
会 場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座 1-7-7 ポーラ銀座ビル 3 階) 
アクセス:東京メトロ 銀座一丁目駅 7 番出口すぐ / 東京メトロ 銀座駅 A9 番出口から徒歩 6 分
主 催:株式会社ポーラ・オルビスホールディングス


※新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を実施し、安心してお楽しみいただけるように配慮して開催いたします。感染拡大 防止のためのお客さまへのお願いは、ギャラリーHP をご覧ください。
※人数を制限しての入場となりますので、混雑時にはお待ちいただくことがございます。 
※会場でのお支払いはキャッシュレス決済のみとなります