美しい色合いを作りだすミカンの枝葉・青瓷 | SERENDOUCE CRAFTS

2022/03/03 18:00

物心ついた時からものづくりや芸術への興味や関心はあったものの、地元の老舗書店に就職。しかしその後、独学で始めた作陶への熱量が高まり、会社を辞め本格的に陶芸家としてのキャリアをスタートさせた鈴木隆さん。
「師も無く伝も無く独学で潜り込んだ陶芸の世界。思い通りに焼き上がらず悔しい思いをするばかりですが、そんな拙作を喜んで手に取ってくれる方がいることが何よりのモチベーションです。何千年も前に人が作った焼き物が遺跡から出土されることがあります。私にとって焼き物を作るという行為は自分がこの時代に生きていた痕跡を残したいということなのかもしれないですね」と語ります。 


鈴木隆さんの工房「
土や釉薬の新しい原料や配合を変えるテストは常に続け、研究しています。その中で生まれた作品の1つに、鈴木さんの地元である、神奈川県小田原市の名産であるミカンの枝葉を灰にして作る「みかん灰釉」を使って焼き上げる作品があります。灰や土に含まれる成分によって、特徴的な透明感のある水色がうまれます。それ以外にも、貫入青瓷など多彩な青瓷釉の作品も作陶しています。青の器は、馴染みのある地元、神奈川県小田原の海を連想させます。
 みかん灰釉には剪定で落ちた枯葉を使っている
 透明感のある青みが特徴のみかん灰釉の器は鮮やかなお料理との相性が良いだけではなく、生地に生成り色が含まれるため、和食との相性もピッタリです。貫入青瓷の作品としては、お皿、鉢、酒器を取り扱いしています。見るだけでも美しいお皿に、どんなお料理やを盛りつけてみますか?

みかん灰釉皿 24cm
https://www.serendouce-crafts.po-holdings.co.jp/items/54978818

青瓷皿
https://www.serendouce-crafts.po-holdings.co.jp/items/54977603


SERENDOUCE CRAFTSでは、日本の伝統工芸品と暮らす現代の美しさと心地よさを提案しています。
Instagramからも作品をご覧いただけます。
https://www.instagram.com/serendouce_crafts_/